DHAやEPAのサプリメントでコレステロールを改善

最近サプリメントとしても注目されているDHAとEPAは、効果的にコレステロールを下げることができるといいます。

イワシ、サバ、マグロなどの青魚に多く含まれています。視力低下を防ぐ、アトピーの改善、学習力や記憶力を高めるなどに効果がこの物質にはあるそうです。摂りたいときには食べ物から摂ることも不可能ではありませんが、やはりサプリメントのほうが簡単に確実に摂取することができるでしょう。

動脈硬化を予防し、血栓をできにくくする働きが、DHAやEPAにはあるといわれています。このDHAやEPAの効果は、血液をさらさらにして、悪玉コレステロールの量を少なくするというものだからです。善玉と悪玉がコレステロールには存在しています。悪玉コレステロールが増えすぎると血管の壁に付着しやすくなり、動脈硬化などを引き起こします。

近ごろでは多くの会社がサプリメントを製造し、販売しているのは、DHAやEPAにあるさまざまな健康効果が分かってきたからです。魚でも油の多いものは避けた方がいいのではないかと、コレステロールを体内で増やしたくないという理由で考えている人もいるようです。いろいろな種類が魚や肉に含まれる脂肪にはあるので、少しずつですが体内での作用は異なっています。DPAやEPSを含むリノール酸はコレステロールの値を良くするのためにも、サプリメントなどでしっかりと摂取することをおすすめします。