まつ毛の育毛にはベビーオイル

私は、もともとまつ毛が短かったのと、逆毛でした。よく、友達に頼んでまつ毛エクステをしたりしていました。逆まつげのため、視力も悪かったです。

そういうこともあって、まつ毛育毛しようと思いました。私が行ったやり方は、200円しかかかりません。私は、子供を二人育てているので、お金をあんまり使わない美容方法を探していました。

本当は、たくさんお金をかけて綺麗に着飾りたいんですが、家庭的には、そう贅沢するわけにはいかず。では、私がどんな方法で、まつ毛育毛したかといいますと、ダイソーで、まずベビーオイルと、綿棒を購入します。そしてら綿棒にベビーオイルをぬります。それだけです。

ベビーオイルというと、赤ちゃんに塗るようなものと思いますが、私は、いろんな箇所に使用していました。もちろん、うちには赤ちゃんもいるので、赤ちゃんの体にも使用しましたが、例えば、私の洗い流さないタイプのトリートメント代わりにベビーオイルを使ったり、メイクを落とすときのクレンジングに使ったり、様々な用途で使っていました。

そして、まつ毛にもベビーオイルを使用していました。普通に美容液を購入すると高いので、ダイソーのベビーオイルはとてもオススメですよ。効果はというと、まつ毛が濃ゆくなった感じがします。ただ効果には個人差がありますのでお金がかかっても確実にまつ毛を伸ばしたいと考えている人には育毛成分の入ったルミガンやケアプロストといったまつ毛美容液をクリニックや通販など購入して使う方がいいでしょう。ルミガンについてはこちらのサイトでご確認ください。(ルミガン、ケアプロストが激安!まつ毛美容液を通販する前に:http://www.tsingy-paradise.com/

私の場合はベビーオイルで効果を実感でき、逆まつげだったのもあんまり気にならなくなりました。化粧するときも、すぐカールして化粧もしやすくなりました。量も結構入ってるのであまりなくならないですよ。

DHAやEPAのサプリメントでコレステロールを改善

最近サプリメントとしても注目されているDHAとEPAは、効果的にコレステロールを下げることができるといいます。

イワシ、サバ、マグロなどの青魚に多く含まれています。視力低下を防ぐ、アトピーの改善、学習力や記憶力を高めるなどに効果がこの物質にはあるそうです。摂りたいときには食べ物から摂ることも不可能ではありませんが、やはりサプリメントのほうが簡単に確実に摂取することができるでしょう。

動脈硬化を予防し、血栓をできにくくする働きが、DHAやEPAにはあるといわれています。このDHAやEPAの効果は、血液をさらさらにして、悪玉コレステロールの量を少なくするというものだからです。善玉と悪玉がコレステロールには存在しています。悪玉コレステロールが増えすぎると血管の壁に付着しやすくなり、動脈硬化などを引き起こします。

近ごろでは多くの会社がサプリメントを製造し、販売しているのは、DHAやEPAにあるさまざまな健康効果が分かってきたからです。魚でも油の多いものは避けた方がいいのではないかと、コレステロールを体内で増やしたくないという理由で考えている人もいるようです。いろいろな種類が魚や肉に含まれる脂肪にはあるので、少しずつですが体内での作用は異なっています。DPAやEPSを含むリノール酸はコレステロールの値を良くするのためにも、サプリメントなどでしっかりと摂取することをおすすめします。

 

 

カロチノイドのサプリメントとは

カロチノイドを配合したサプリメントは、他のサプリメントに比べて知名度が低いのではないでしょうか。

カロチノイドは、カロテノイドとも呼ばれ、動物や植物の色素の成分の一種でベータカロチンに似た構造をしています。酸化に対して強いことが、カロテノイドの特徴的な部分です。年齢と共に現れる肌の変化や、紫外線の作用で肌にできるしみやくすみに対する備えとして、カロチノイドのサプリメントは重宝されています。

また、加齢と共に血管がもろくなると血栓ができやすくなったり、動脈硬化などの深刻な疾患が起きやすくなります。カロチノイドは抗酸化力によって血管の状態をよりよいものにするため、高齢者もカロチノイドのサプリメントを使います。がんの進行をゆっくりにする作用が、カロチノイドにはあるともいいます。がん患者にサプリメントが処方されるなどして、カロチノイドの研究が盛んに行われているそうです。

カロチノイドは身近な食材でも摂取できる栄養素であり、研究中ではありますが特殊なものではありません。カニや鮭にもカロチノイドは含まれていますし、海草類や緑黄色野菜でもOKです。油に溶ける性質を持っているため、調理に際してはカロチノイドの扱いに注意をしましょう。カロチノイドを食事で摂取することが理想ですが、毎日食べ続けることが難しいという場合は、カロチノイドのサプリメントが役立ちます。