DHAやEPAのサプリメントでコレステロールを改善

最近サプリメントとしても注目されているDHAとEPAは、効果的にコレステロールを下げることができるといいます。

イワシ、サバ、マグロなどの青魚に多く含まれています。視力低下を防ぐ、アトピーの改善、学習力や記憶力を高めるなどに効果がこの物質にはあるそうです。摂りたいときには食べ物から摂ることも不可能ではありませんが、やはりサプリメントのほうが簡単に確実に摂取することができるでしょう。

動脈硬化を予防し、血栓をできにくくする働きが、DHAやEPAにはあるといわれています。このDHAやEPAの効果は、血液をさらさらにして、悪玉コレステロールの量を少なくするというものだからです。善玉と悪玉がコレステロールには存在しています。悪玉コレステロールが増えすぎると血管の壁に付着しやすくなり、動脈硬化などを引き起こします。

近ごろでは多くの会社がサプリメントを製造し、販売しているのは、DHAやEPAにあるさまざまな健康効果が分かってきたからです。魚でも油の多いものは避けた方がいいのではないかと、コレステロールを体内で増やしたくないという理由で考えている人もいるようです。いろいろな種類が魚や肉に含まれる脂肪にはあるので、少しずつですが体内での作用は異なっています。DPAやEPSを含むリノール酸はコレステロールの値を良くするのためにも、サプリメントなどでしっかりと摂取することをおすすめします。

 

 

カロチノイドのサプリメントとは

カロチノイドを配合したサプリメントは、他のサプリメントに比べて知名度が低いのではないでしょうか。

カロチノイドは、カロテノイドとも呼ばれ、動物や植物の色素の成分の一種でベータカロチンに似た構造をしています。酸化に対して強いことが、カロテノイドの特徴的な部分です。年齢と共に現れる肌の変化や、紫外線の作用で肌にできるしみやくすみに対する備えとして、カロチノイドのサプリメントは重宝されています。

また、加齢と共に血管がもろくなると血栓ができやすくなったり、動脈硬化などの深刻な疾患が起きやすくなります。カロチノイドは抗酸化力によって血管の状態をよりよいものにするため、高齢者もカロチノイドのサプリメントを使います。がんの進行をゆっくりにする作用が、カロチノイドにはあるともいいます。がん患者にサプリメントが処方されるなどして、カロチノイドの研究が盛んに行われているそうです。

カロチノイドは身近な食材でも摂取できる栄養素であり、研究中ではありますが特殊なものではありません。カニや鮭にもカロチノイドは含まれていますし、海草類や緑黄色野菜でもOKです。油に溶ける性質を持っているため、調理に際してはカロチノイドの扱いに注意をしましょう。カロチノイドを食事で摂取することが理想ですが、毎日食べ続けることが難しいという場合は、カロチノイドのサプリメントが役立ちます。

 

 

抗酸化サプリメントの選び方

アンチエイジング効果のある抗酸化サプリメントが、多くの人から注文されています。

たくさんのサプリメントの中からどのように選んだら良いのでしょうか。抗酸化力の強い物質をサプリメントで補給することで、活性酸素を予防することが可能です。特に有名どころの物質として、アスタキサンチンやコエンザイムQ10などがよく知られているようです。

お肌の新陳代謝を促進して古い皮膚を除去したり、お肌をイキイキとさせるなどのアンチエイジング効果があるとして、注目されています。非常に強い関心を集めているのが、抗酸化サプリメントです。抗酸化成分は、その成分が単独で活性酸素に働きかけているのではなく、複数の成分の相互効果で働きを高めています。

他のサプリメントを合わせて摂取するようにしたほうがより効果をアップさせることができます。抗酸化にいい成分をサプリメントで補給するだけでなく、別の栄養素を含むサプリメントとの合わせ技を狙うのもいいやり方です。抗酸化人気が高まっていることを利用して、安もののサプリメントを高額商品に仕立てあげる企業もふえてきました。原材料や成分をチェックして、安心して使える抗酸化サプリメントを選択することが重要です。アンチエイジングのためには、抗酸化サプリメントの摂取と共に、健康的な食事や生活リズムを維持することです。